□半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した4(転載禁止)

前回の話妻は、私の目を見つめたまま、敏夫のペニスを入れたいと言いました。カップがズレたブラからは、妻の胸がはみ出てしまっていて、乳首も露出しています。なまじブラを全部外しているよりもイヤラシく見えます。さっきまで楽しく三人でワインを飲んでいたのに、一気に卑猥な空気に満たされているような感じがします。「じゃあ、もう入れてみる?」敏夫が、軽いノリで聞きます。ズボンとパンツを少し下ろしただけの彼は、ほぼ