顔に大きな傷のある少女と首輪と俺

えっちに飽きた頃…「ご主人様?」こんな呼び方も随分と普通になって、こいつと僕はいつものように公園で…散歩…、をしている。