会社が倒産しかけたが、なぜか隣に住んでいた御曹司が助けてくれた話(見返りは妻)

私は大学を出て一攫千金を狙い、従業員数名の小さなベンチャー企業を設立しました。今年で26歳となり、つい昨年、高校から付き合っていた彼女ともめでたくゴールイン致しました。そして会社の方も軌道に乗りかかり、公私共に、順調な生活を送っているつもりでした。しかし、今年の初め頃に会社で大きなミスが起こってしまいわが社の中核をになう、大きな取引先を失くしてしまいました。…