毎朝話をするコンビニバイトの女子大生とお疲れ様会を開いたら

当時僕は小作にある会社で設計の仕事をしていました。 小作は一応東京にも関わらず、駅周辺から少し歩くとすぐに田んぼだらけの田舎でした。 駅の周辺もそこまで発展しているわけではなく、毎朝通勤時には決まったコンビニで飲み物等の買い物をしてから、20分程歩いて工場へと通っていました。 …