▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4(転載禁止)

前回の話私は、想像以上に事が進んでしまい、今日はもうお開きにしようという気持ちが強かった。でも、床に飛び散ったザーメンを拭いている秋雄は、「嫁さんにマッサージしてその気にさせるからな」と、やる気満々で私に言ってきます。嫁は、少しすると戻ってきました。『床、拭いてくれた? ホント、出し過ぎだっつーの』嫁は、口汚く言う。嫁がこんなしゃべり方をする時は、意外に弱気になっている時だと思う。秋雄は、綺麗に拭