※出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた2(転載不可)

前回の話私は、搾り取られるように射精をし、放心状態のような状態だった。『あなた、本当にごめんなさい。愛してます。捨てないで……』嫁は、涙を流しながらそんな言葉を口にする。私は、自分でもなぜそんな事を聞いたのかわからないが、「き、気持良くなかったのか?」と、質問していた。嫁は、一瞬意味がわからないと言う顔をした。でも、すぐに言葉の意味を理解して、『すごく気持良かったです。やっぱり、あなたに抱かれるのが