※嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した3(転載禁止)

前回の話「奥様、反応が良いですね。初回から失神するまで感じるなんて、よほど感度が高いんですね」彼は、あれだけ激しい動きをした後とは思えないほど普通の感じで話しかけてくる。僕は、射精したばかりでうまく言葉が出せないでいた。ベッドには、だらしなく脚を広げた典子が眠っている。膣口からは、ダラダラとザーメンが流れ出ている。「安心して下さいね。パイプカットしているのは本当ですから」彼は、ペニスをタオルでぬぐ