少年と熟女と親父の部下

今日もまた考え、そして後悔するうまい文章ではない、かなり長い、それでも俺の犯した罪を聞いて、罵倒して貰えるならば感謝する妄想やネタだったらどんなに良かったか。これがトラウマとなり俺は基地外になった俺は小学校の時から母が嫌いだった。理由は単純で。会社社長の父は仕事が忙しく、ほとんど家に帰って来なかった。 だから、母は寂しさを紛らわすためか、1人息子の俺に何かとちょっかいを出しては、ベタベタ擦り寄ってきた。小学生だった俺は、そんな母のことが […]…