※僕が結婚をためらう理由は、地元のイヤラシいしきたりのせいです完(転載禁止)

前回の話「よし、出すぞ。もう保たんわ」セイちゃんはそう言うと、身体をブルッと短く震わせた。『うぅ~っ!』絵理奈は、公三さんの丸太のようなペニスをくわえたままうめき声をあげた。絶対に認めたくないのだけど、恵里菜はどう見てもイッたようなリアクションだった。「孕み腹でも、よー締まるわ」セイちゃんは満足げに言う。そして、さっさとペニスを抜くと、酒を飲み始めた。射精すれば、もう興味が無い……。そんな風に見える