娘にこわれて夫婦の営みを見せていたら

私は、7年前に最愛の妻を亡くしました。一人娘の真由子に縁談があったのですが、子宮の病気を発症して妊娠が不能になり破談となりました。真由子は23歳でした。その時入院加療中の妻は生きる希望を失い急激に容態が悪化し、46歳で亡くなってしまいました。 以来私は真由子と二人で暮らしています。  そして、妻の一周忌法要の後、私と真由子は父娘でありながら男と女の関係になりました。…