絶倫の夫が、大人のおもちゃを買ってきて

夫の潤一には因ってしまいます。愛情表現だと考えれば嬉しいんですが、とにかくスケベで、会社から帰るなり私のワレメをいつものぞきたがって毎日夕食も食べずにパンティずり下ろしてくるんですから。そして、それが高じて、とうとうアダルトショップから膣鏡まで買ってきたんです。「おい、由紀・・これが何か分かるか」帰ってくるなり、潤一は奇妙な器具を取り出しました。もちろん、私に分かるはずもありません。…