※私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完(転載禁止)

前回の話私は、妻と部長のセックスの途中で、1人帰宅することになりました。「もう一泊するか?」部長は、妻にそんな事を言っています。『えっ、でも……』妻は、浴衣の胸元が乱れたまま、戸惑ったように言います。上気した顔、乱れた浴衣からのぞく胸元は、ほんのりピンク色に染まっています。情事の後の牝……。そんな雰囲気を漂わせています。妻は、私に処女を捧げてくれました。そして、今回のことがあるまでは、私以外の男性を知