オナニーを恥ずかしがる彼女を言葉責め

昨日彼女とセックスした話です。二人ともお酒をちょっと飲んで、その途中に彼女が冗談で部屋の明かりを消したので、「なんだよー!」とかいいながら残ったお酒をのみ干しました。 そして「千佳、ちょっと来て見」「ん?」ずりずりとお姉さんすわりを崩さないままでこっちによってくる彼女を抱きしめました。「え〜、なに〜!?」と、突然の俺の行動にビックリした様子でしたが、もちろん十分想定の範囲だったと思います。 「いいから、いいから」といいながら、俺はわざと […]