キモ親父と巨乳美人な彼女 2【寝取られ体験談】

実家に着いた僕は、父の様子を見にいきましたが思った以上に軽い物らしく父はいつもどおり元気でした。母も結果を聞く前に僕を呼んだらしく、「これくらいだったら別にあんたが来なくても大丈夫だわ」と呆気なく言われました。結局僕は、その日に日帰りで帰ってきたのです。駅に着いた僕は真っ先にゆきえに電話しました。「プルルルルルルル・・・。プルルルルルルルル・・・。」しかし、何度コールしてもゆきえはでません。時間は