【エロ体験】 死の淵から[第4章-諒子-]

その夜も私は昨夜の恐怖を忘れられず、眠りにつこうとすると思い出され悪夢に苛まれていました。夫の背中にすがりつき必死に耐えていると、あまりの疲れに次第に眠りにつきました。いつものように目覚まし時計が鳴ると私はびっくりして飛び起き、あたりを見回しここが…