純情で世間知らずな人妻の思い込みにつけ込んで…【人妻体験談】

人妻 菜穂子(自称40歳)とは出会い系サイトで知りあった。ご主人の上着のポケットに、スナックの女の名刺が入っていただけで、浮気者扱いしてしまうほど純情で世間知らずの女だった。菜穂子は旦那が浮気したと思い込み、ひどく落ち込んでいた。救いの言葉が欲しくて出会い系に登録したようだ。俺(45歳)は、そんな菜穂子に更に追い討ちをかけた。「その女の名刺を持つてるってことは、お店に何度も通い、Hをしまくってるね。