温泉旅行に行ったらA*Bがいた 2【エッチ体験談】

「はい…じゃあ失礼します」俺は篠○さんの隣の椅子に腰掛けた。俺としては隣に座れて嬉しいが、別に対面でも良かったのでは…もしかして俺に気があるのかな…なんて事を思いながら俺はまた篠○さんと話し始めた。もっとも、大した事は話していない。そこら辺の社会人なら誰でもするような世間話がほとんどだ。そんな毒にも薬にもならないような話をしていると、まるで篠○さんがただの一般人の様にも思えてくる。最も俺としては、たまに