スレンダー貧乳先輩女子社員とのSEX体験談 1

飲み物がきて、乾杯をして、飲み始めた。料理を数品頼んで、食べ始めた。俺はもう今日こそはと、心に誓っていた。R「○○君。ここおいしいねー。またつれてきてねー」俺「あ、了解でーす。こういうの好きですか?」R「うん。でもまだ20:00だねー一杯時間あるね?うれしいよ?」俺「僕といてうれしいですかぁー?そうっすか。僕も嬉しいです。」R「あーまた○○君って口がうまいねー手も早いんでしょー。うふふ」俺「そんなことないっす