★先輩の奥さんが勘違いSEX・・2/2

 俺の体の下で荒い息を吐く奥さん。なんだか無性に色っぽく思えて、きつく抱きしめると唇を重ねた。奥さんは最初こそ顔を背けたが、構わずキスすると応じてきた。貪るように舌を絡めてると、挿入したままのチンコに力がみなぎってくる。 組み敷いた体勢で腰を動かし始めたら、奥さんが泣きそうな顔で「ダメ…うちの人が起きちゃうから」とつぶやいた。言われてみればここは先輩の寝室。大胆不敵にも程があるってやつだ。俺は勃起