私のセックスアバンチュール【人妻体験談】

「ダ、ダメ~・・やっ、やめてッ・・ホントにもう止めてッ~」私、いかにも抵抗している感じたっぷりに、そう叫んだのでした。もちろん、手足をバタバタさせて。と言っても、隣の部屋には聞こえないくらいの声で。するとカレは、「・・ね、いいだろ!~奥さんだって、そのつもりでボクの部屋に来たんだろ?まさか言葉通りに、残念会だけのために寄ったんじゃないでしょ」鼻を鳴らして、荒々しくスプリングセーターをたくしあげ、ブ