※就職祝いに何でもしてあげると言われて、他の男とHしてと頼んだら怒られた3

前回の話先輩は、もの凄く大きいペニスを握ると、そのまま莉乃のアソコに押し当てた。僕は、息を飲んでそれを見ていた。小さなスマホの画面の中で、避妊具無しで繋がろうとする二人。僕は、先輩とエッチして欲しいとは言ったが、こんなリスキーなエッチなど望んでいなかった。すると、莉乃がスマホをタップして動画を一時停止した。そのまま、莉乃は僕の手を握っていた手を離し、僕のペニスをガシッと握ってきた。『やっぱりカチカ