【綺麗なOLの逆痴漢】おちんちん握られたことでセフレ化へ

仕事帰りで、○王線を利用して通勤をしていた頃。その日は、仲間としこたま飲んで最終電車近い遅い列車に「この時間でも凄い込むなぁ」と酔いながらも入り口付近の手すりに立ち、雑誌を辛うじて読んでいました。発車寸前にまだ乗り込むのかと、半分面白くないないものの、見…