★銭湯で恥ずかしい思いをした告白

 近所の銭湯で怖い目に遭いました。その店はアパートから一番遠く、洗い場も浴槽も綺麗ではないのですが、番台にはいつも女将さんか従業員の女の人が座っていました。男の人が番台に座っている他の二軒とは違い、脱衣場でも洗い場でも安心していられるので、一年目の夏頃まではその店を行きつけにしていました。 ある初夏の晩のことです。その日は帰りが遅くなり、銭湯に到着したのは閉店間際の時間でした。脱衣場にも洗い場にも