思い焦がれた同期一の美女の貧乳【エッチ体験談】

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、隣に座る貞森から「おぉ~」という歓声が聞こえた。貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。他の同期や研修の担当者までもが皆、声までは漏らさないまでも、ぼうっと由紀の美貌に見惚れているようだった。可憐という表現がぴったりの、間違いなく同期で1