憧れの女社長と二人きり、思い切ってラブホテルに誘ったら

かなり以前の事になります。私にとって当時憧れの女性でした。優しく接して、いつもにこやかな笑顔のステキな女性で、いつしか惹かれてしまっていたのです。  私と二人でお客の所に交渉に出掛ける機会があり、そのさい「佐伯君、他に寄りたいのはあるの?」私は車を出すと、近くにあったラブホテルの方向に向いて「じゃあ・・あの・・ちょっと」ハンドルをラブホテルのあるわき道にそれると、すぐ看板が見え、門を入り車を部屋の