部下との思い出【エッチ体験談】

少し前、部下の結婚式に出た。真っ白なドレスの袖から出ていたむちむちの二の腕や、ドレスを大きくふくらませている胸。新郎と腕を組みながらキャンドルの時に微笑まれたときは切なかった。数年前の忘年会の日、車で来た俺は、4つ下の部下のA子を送っていくことになった。直属の部下だし、泥酔しているし、車で来ていたのは俺だけ。ところが、家を教えてくれないどころか「ホテル行こ」と誘ってくる。 しまいには腕を掴んだり、