枕営業で熟年男から契約をとる人妻セールスレディ【体験談】

久し振りに朝風呂に入り、10時頃生豆を焙煎してコーヒーを淹れる準備をしていると、チャイムが鳴り玄関に行くと小柄だが胸の大きい女性が、「お惣菜の宅配サービスのPRに来ましたが、少しお時間を頂けませんか」と言うので、「単身だから無理だよ」答えると、「話だけでも聞いて頂けません」とお願いされ、大きな胸から視線が離れず、「聞くだけなら良い」と答えると、「有難う御座います」と言って説明を始めたが、非常に寒い朝だ