★駄目もとで誘ってみたら天国キップだった

俺が営業から戻ると彼女一人しか事務所にはいなく「みんなは?」と聞くともう帰ったという。こいつはチャンスだ!「じゃあ、○さんも帰ってきたことだし私も帰ろうかな」と言うので「ちょっと待って俺もすぐ帰るから良かったら送っていくよ」といい彼女を送ることに成功した。 しばらく車を走らせ彼しいるのとか最近うまく行っているのとかセック○はどうなどいやらしい話に持っていった。話しによるとどうやら彼女は彼氏とうまくいっ