良いケツしたサークルの女の尻に精子ぶっかけた話

大学時代の話ね。 俺は大学時代、文化系のサークルに所属してたんだけど、 3年の時、後輩にT四郎という奴が入ってきたんだ。 そいつはギャンブルと風俗通いに狂った奴で、どうしようもないアホだった。 しかも、九州生まれの腐れ日本男児で、女を小馬鹿にする様な奴だった。 時代錯誤も甚だしいしゃべり方をする男だったよ。 サークル内でも(特に女子)嫌われ者だった。  で、俺と同級生にあだ名がキャットっていう子が居たんだ。 なんでキャットっていうあだ名…

続きを読む

関連記事

  1. サークルの真面目女子たちに懇願されてオナニーを見せた 私は大学3年生のときに、 同じサークルの同じ学年の女の子5人の前でオナニーしたことがあります。 そのときのことを詳細に報告します。 東京にあって、語学に強く女性が多い大学の英字新聞サークルです。 彼女たちはまじめな人達ですが、まじめなだけに反動も大きいのでしょうか。 同じ学年の構成は、男は私一人で、あとは女性5人なのです。 それで、サークル旅行のときに貸別荘を借りたのですが、 学年で一軒ずつ借りることになりました。 一軒一軒の別荘は離れ…続きを読む…
  2. 小6のとき、小2の女の子のワレメを見て性に目覚め… 小6のとき、小2の女の子とよく一緒に遊んでいた。 見た目は普通に可愛らしい女の子なのに、 男の子みたいな遊びを好む子だった。 ある日、ホントは男なんじゃないの、とからかっていたら、 その子はむきになって否定する。 その様子が面白くてしつこくからかっていたら、 おもむろにその子が立ち上がり スカートを捲り上げてパンツを下ろして股間を見せてきた。 チンコの代わりに、一本だけのつるんとした筋のある股間。 とっさに言葉が出なくてまじまじと凝視し…続きを読む…
  3. チンチンの洗い方を教えてあげると言って恒例になった母による包茎皮むきと手コキ ことの始まりは中2の夏休み、お母さんが留守だと勝手に思い込み、 音量ガンガンにCDをかけオナニーしていたところを見られた。 お母さんは何も言わず「買い物行って来る」と言い残し家を出た。 俺はすごく気まずい気分になり凹んだが、お母さんはその後も 何も言わなかったので「バレテない」と思い込み安心してた。 それから数週間後、お母さんが「ちんちんの洗い方を教えるから」 と言って俺の入浴中に風呂に入って来た。 俺はビックリして断ったのだが許してく…続きを読む…