それはある朝始まった【美魔女体験談】

いつも5時に起きて散歩に出掛けるのが常の私(62歳)です。朝の清々しい空気を吸いながらの約1時間の散策は至福の時間でもあります。それは昨年の4月のある朝に始まりました。その日もいつものように起きて自宅から出て歩き出した時、三軒先の家の勝手口がそっと開き、そこから私とあまり変わらない年齢の男性が出てきたのです。その男性が歩いてくる私を見るなり、慌てた様子でそそくさと足早に立ち去っていきました。その家はフラ