目が覚めたら全裸の俺とパイパンの見知らぬ女

朝目覚めると…そこには全裸の俺がいた!「ここはどこだ?」「…」 「記憶にない!!」横を振り返ると…見知らぬ女がいる。「あっ!!その時だ!!!」 「俺は昨夜の出来事を思い出した!」「ある女と会い夕食を共にした!」その後…その子の家で二人で飲んでたところまでは思い出した!だが…そこからの記憶がない。 とりあえず、全裸ということは…やってしまったのだろうか?女を見る限り…上着は着ていないようだ。とりあえず…タバコを吸おう!「口の中が酒臭い。。…

続きを読む

関連記事

  1. 苦手だと思っていたギャルに心奪われて…童貞卒業!! 高校を卒業してこれといってやりたい事もなく、かといって大学に進む事も考えていなかった僕は調理師免許でも取ろうと思い調理系の専門学校に入った。 入学して一週間もするとクラスに自然とグループが出来てくる、やる気マンマンの真面目集団、やる気0のギャル上がり集団、おなじくやる気なしのヤンキー上がり、不思議にオタクに普通、クラスという狭い空間の中様々なグループが出来上がっていった。 誰にでも当たり障りなく関われる性格なのでどのグループでも行き来で…続きを読む…
  2. 夏の一時の夢か幻か…真夏の校舎で巨乳同級生とエッチした… 高校2年の夏休みのこと。我が部は普段休みが1日もなく厳しいことで有名だったが、その夏休みだけはたった一日だけ部活が休みの日があった。 なんでもその日は教師の研修会があるとかで、学校には職員が誰一人来ないので、生徒は登校禁止になったのだ。部員たちは予期せぬ休日に大喜びで、みんなそれぞれ家族旅行に行ったり友達と遊びに行ったりと、その日は存分に羽を伸ばす予定のようだった。しかし俺は違った。 俺はその当時がぜん練習に燃えていて、練習を一日たりと…続きを読む…
  3. 水泳部の女子の先輩のマッサージをすることになり…濡れ出したので挿入してマンコもマッサージしたったw 某体育大学の某部では一年のとき四年の先輩の付き人になる、荷物持ちがメインであとはマッサージしたり雑用。 なんでか知らないが俺はマッサージが上手かったらしく、他の男の先輩だけでなく女の先輩からも声がかかった、女といっても彼女らは肩も張っていて筋肉も付いていて 下手な男より身体能力はあり正直魅力的では無かった。 しかし、中には凄く綺麗な先輩もいて胸周りや尻の周りは柔らかく女子特有の柔らかさで、マッサージで呼ばれるのが嬉しかった。 ある時、足…続きを読む…