ハロワで出会った女が気付いたら俺の上で腰を振っていたエッチ体験談

「小次郎君…今まで我が社の為に頑張ってくれてありがとう」「(゚д゚)ハァ?」3年前の夏の日、俺の会社が倒産した。俺が28歳の誕生日を迎えて間もない時期だった。新卒で勤め始めてからその日まで転職した事がなかった俺は、突然訪れたプータローの日々に、現実感が沸かず、何故かワクワクしていた。今考えればアホだ。1週間程、何にもしないで自由を楽しんだ。仕事なんてスグに決まるだろうという軽い気持ちと、訳の分からない開放感