突然の訪問者【エッチ体験談】

俺が大学生の時の話。夜、部屋でひとりテレビを見ていたとき、不意にインターホンが鳴った。もう深夜の1時を回っていたので不審に思ったが、覗き穴から見てみると、そこには見知った女の顔。俺はドアを開けた。「こんばんはー☆」明らかに酔っていると思われる調子の声。彼女は、同じ大学の友達美穂だった。「終電なくなっちゃった。今日泊めて」そう言うとサンダルを脱ぎ捨てて、ずかずかと部屋の中へ入っていく。「お、おい、ち