友人の美人母は淫乱だった【熟女体験談】

ソファに浅く座り男根を突き出すと目を輝かせ微笑みながら淫靡なフェラを始める。「美味しい 硬くていいわ」陰唇で亀頭をゆったりと舐め回し上目遣いのまま頭を上下させるフェラを見下ろしながら楽しむ。極めつけは男根をしごきながらのバキュ-ムフェラである。友人のバツ1美人母親裕子である。「今日は (中に出して) いいわよ」跨ぎながら硬く濡れ輝く男根を女陰にあてがうとゆっくりと腰を沈めてくる。メリメリッと締まる裕