関連会社の年下の美人社員の頼み事 2【体験談】

俺は、部屋に入ってすぐ服をハンガーに掛け、浴槽に湯を入れ、湯がたまる間に歯磨きを済ませ、翌日の帰り支度をして風呂に入った。シャワーで済ませられる季節ではない。風呂から上がり、バスローブを羽織り、ポットに湯を沸かしてお茶をすすりながら、彼女から電話が来ることを期待して待った。小1時間も経った頃、彼女は電話ではなく、ドアをノックした。(だめか。覚悟を決めるしかないな。ここまできて説得しても、却って彼女