女友達が酔って眠っているところを…3【体験談】

もう彼女は背中まで全身真っ赤であった。普段は女の部分を見せず、まるで男友達のように拙者に接してきた彼女からは想像できない姿である。必死に力無く拙者の手を胸から外そうとするが、ちょっと乳首をいぢめるだけで「ふんっ・・んっ・・・んん・・」と喘ぎだす。彼女の背後から拙者は脚を彼女の脚の間に差し入れて、そのまま彼女の脚を開いていく。「いやっ、○○さんっ、もうやめて!!」彼女が自分の秘部に手を当てて隠すが、拙