初体験の恋はその日のうちに散ってしまった 2【体験談】

翌朝はMが先に目覚めていて、ずっと俺の寝顔を見てたらしい。「おはよう、俺君凄くよく寝てたね」といつもの感じで話しかけられた。「こっちも熟睡してたね」と朝起ちもしていないチンポを、柔らかな手の平で包み込んでくる。酔いも覚めていたから、たちまち反応してしまった。「おや、お目覚めですね。こっちもおはよう」とMは毛布の中に声をかける。しばらく互いに触りながらマッタリしてたんだけど、今度は上手くいきそうな気が