目の前で妻が会社の後輩に…5【寝取られ体験談】

この時点で俺には二つの選択肢があった。一つは妻を犯した彼らを本気で怒ること。もう一つはこの場を黙って去ることだ。もちろん最初の選択肢を取るくらいなら、最初からそうしていただろうし、不思議なことに俺は彼らを止めなかったことに対しては微塵の後悔もしていなかった。俺は次第に落ち着きを取り戻し始めた自分のチンポに言い聞かせるように、「あかんわ、そろそろ眠なってきたわ。あとは任せるわ」と言い残し、ソファに横