浮気現場を嫌いだった昔の同僚に目撃されて…2【人妻体験談】

私は自分の敗北を悟りました、どうあがいても山本には逆らえそうにありません。主人との生活を壊したくない私は「ど、どうすれば良いんですか・・・・」山本は私のその言葉を聴くと勝ち誇ったような笑みを浮かべて席を立ち、私の隣に腰を掛けました。私の肩に手を回し自分の方に引き寄せました。「ふふっ・・・・俺もお前がそんな馬鹿な女じゃ無い事は解ってたよ、俺の言うとおりしてたら絶対に秘密は守ってやるよ。」そう言って、