深田恭子似の保険会社の女の子との体験談 2

ピンポーン♪チャイムが鳴った。その瞬間、背筋に寒気を感じ嫌な予感がした。鍵はもう解かれていたので、玄関のドアが開いた。予想通り、そこにはスーツを着た深キョンがいた……。深キョンとギャルは目が合うと、その空間は一瞬時間が止まったかのようになった。深キョン「ちょ、ちょっと?アンタ何してんの!?」 ギャル「なっ、何って、見ればわかるでしょ?仕事よ仕事」 ギャルはそう言うと、玄関から出てドアを閉めた。とりあ