保健の先生と包茎童貞の性教育

僕の中学のときの話しです。うちの学校の保健の先生は、もう結婚していたけど30歳くらいでけっこうかわいくて、なによりすごくさばさばした話しやすい先生で、放課後とか昼休みとかよく保健室に行っていろんな話しをして、先生も僕のこ

関連記事

  1. チンチンの洗い方を教えてあげると言って恒例になった母による包茎皮むきと手コキ ことの始まりは中2の夏休み、お母さんが留守だと勝手に思い込み、 音量ガンガンにCDをかけオナニーしていたところを見られた。 お母さんは何も言わず「買い物行って来る」と言い残し家を出た。 俺はすごく気まずい気分になり凹んだ…
  2. オナニーを教えてくれて、筆下ろしまでしてくれた叔母 俺がオナニーを覚えたのは、中学1年の時だった。 叔母さんに教えてもらった。 俺の両親は共働きで帰りが遅くなるときは、近所に住む母の妹の叔母さんの家に行って食事をしていた。叔父さんは運転手で出張が多く、あまり家にはいなかっ…
  3. ずっと思い続けた男っぽい幼馴染みが…チャラ男先輩のセックスに夢中になってた… 僕には、幼稚園の時からの幼馴染みがいる。どちらかといえば人見知りで、内向的な性格の僕と違い、みなみは活発な女の子だった。幼稚園の頃などは、私服だと僕が女の子に間違えられて、みなみが男の子に間違えられる事がよくあった。 母…