一緒に横になってた従姉の唐突な言葉に…2【体験談】

なんとなくそうするのが当たり前のような気がして、俺は再び口でおっぱいに愛撫しながら右手を足の間、穴のある方へ滑り込ませていった。昨日のような拒絶は無かった。それどころか俺が手を滑り込ませる瞬間、本当に緩くだが、従姉は足を広げた。誰にでも解るOKサイン。そのまま下着を横にずらして従姉の内部に指を入れる。驚く程ぐしょぐしょだった。何の抵抗も無くするりと指が入っていく。中も信じられないくらい熱い。それに、