若い3人の子たち 2【人妻体験談】

すると、いきなり予告もなくドアがガチャガチャッと鳴り、ドアが開いていく……。 私は、冷水を頭からかぶせられたような気持ちになり、慌てて逃げようとしました。「なにオナってんの?w 優子ちゃん、ダメだよ、待ってなきゃw」 悠斗君の優しい声が響きました。その声に、心底ホッとする私。いつものことで、彼らだとわかっているのに、反射的に逃げようとしてしまう私。私自身も、今の幸せな夫と息子との生活を壊す気がないと言