巷で美人と言われる難攻不落の妻の寝取らせ体験談 3

唇を執拗に重ねたまま、岡本氏は尻を上げ、自らの手で腰のバスタオルを取り去ると、器用にも、妻のガウンの胸元を大きくはだけて、その両肩を露にしました…圧することをやめたぶん、岡本氏の両手は、紛れなく、自由を獲得したようです…下半身に目をやると、妻の太股の間に片足が割り込み、丸出しになったショーツの低部には、膝頭がぴたりと密着されていました。妻の肌に、直角に立てるようにして置かれた自在の指先が、小さな円を