H体験談。。サークルの先輩、美白巨乳 続続続編

前編は以下のとおりサークルの先輩、美白巨乳サークルの先輩、美白巨乳 続編サークルの先輩、美白巨乳 続編先輩は舌を突き出して裏筋を舐めてきた。亀頭を舌で刺激する先輩を上から見るのは凄く興奮した。 そのまま先輩は亀頭を咥えようとしたので、俺が腰を引いてやると 「・・・あっ」という声を出して切なそうな顔をした。 俺:「さやさん、咥えたい?」 先輩は俺を見ながら頷くのを確認して、俺は腰をゆっくりと突き出す。