Hな体験談。。大学のサークルの巨乳娘を先輩に 続続続編

前編は以下のとおり大学のサークルの巨乳娘を先輩に大学のサークルの巨乳娘を先輩に 続編大学のサークルの巨乳娘を先輩に 続続編初めのうちは声を押し殺していた明里ちゃんも、百戦錬磨の手練れの手に掛かって次第に声が漏れる様になりました。ここから見える彼女の肢体は、艶かしく、アソコの毛も申し訳程度で、綺麗な形をしていました。彼女はこれまで味わった事のない快感に身を震わせています。 唇を噛み締めて、清純な顔を