Hな体験談。。大学のサークルの巨乳娘を先輩に 続続編

前編は以下のとおり大学のサークルの巨乳娘を先輩に大学のサークルの巨乳娘を先輩に 続編明里ちゃんは驚くそぶりを見せ、逃れ様と足掻きましたがガッチリと頭を抱きしめられていて、動く事が出来ません。プチュ、ピチャ、と言う粘液が合わさる音が周囲に響き、次第に明里ちゃんが脱力して行くのが分かりました。 それと同時に、明里ちゃんが完全に先輩のモノになったのだと言う事も分かりました。まるで貪る様に執拗に明里ちゃん