Hな体験告白。。私は性欲に飢えたメス犬奴隷です 続編

前編は以下のとおり私は性欲に飢えたメス犬奴隷です彼は私の後ろに立つと、ふたりに見せつけるように私のブラウスのボタンをゆっくりと外していきます。全部のボタンを外すと、左右に広げ、私の柔らかくて真っ白なEカップの胸を揉み、乳首をいじります。私はたまらなくてつい声を出してしまい、これが変態な複数プレイスタートの合図でした。胸を露出している恥ずかしさで、つい下を向いてしまう顔を彼にグイッと持ち上げられると