覗き体験談。。中学の時の同級生

私が25歳の時、知り合いの仕事を少し手伝って小遣いにすることがありました(例えば引越しの手伝いや、ほとんどボランティアに近い友達の家の修理など)。何かしら動く事が好きな私は、そんな習慣がいつの間にか当たり前になっていました。ある時、親子(母、娘)で住んでいる知り合いの一軒家に水まわりの用事で行かなくてはならなくなり、共通の友人で設備関係の友達に付いて行きました。(親子はデブおばちゃん&おデブ娘のた