進学塾の女講師 3

「ほら、頑張ってもっと気持ちよくして…?」 そう言って先生は、片手でパンツをずらし、もう片方の手で、おれの手を秘所へ導いた 先生のそこは、さっきよりも熱かった 割れ目はもう、ぐしゃぐしゃに濡れていた 焦らすなんて器用な真似は出来ないから、遠慮がちに中指を一本差しこんだ 「んあッ…あッ!ああッ!」 先生の中は、狭かった 中指一本でもギュッと締め上げてきた もう一本、薬指を差し込むと、もうキツキツだった今思うと